リアップはM字ハゲに効果ある?【実力を徹底解明】

リアップはM字ハゲにも効果的なのか解説!

発毛剤リアップは、M字ハゲで悩んでいる人が1度は使ってみたいと思う商品ではないでしょうか。

数々の育毛剤・発毛剤が販売されていますが、その中でもリアップの知名度は高いですよね。

AGAに分類されるM字ハゲにも効果があるとされているリアップですが、実際のところはどうなのでしょうか?

(すぐに結論が知りたい方はコチラ

リアップとは?

「リアップ」は、大正製薬から発売されている発毛剤です。

日本国内で公認された数少ない発毛剤で、販売元も大手有名メーカーとなっています。

まずは、リアップを製造しているメーカー「大正製薬」について解説していきたいと思います。

リアップのメーカー

リアップの販売元といえば、鷲のマークで有名な大手製薬会社「大正製薬」。

東京都豊島区高田に本社を置き、栄養ドリンクのロングセラー「リポビタンD」などのヒット商品でも有名です。

「ワシのマーク」の社章で広く知られ、一般の薬局やドラッグストアで市販される大衆薬ではトップシェアを誇る。創業者の時代より無借金経営で知られる(連結ベースでは子会社に短期借入金があるが、長期借入金は連結ベースでも全くない)。

出典 : Wikipedia

リアップは歴史と信頼がある発毛剤

リアップは1999年に発売、第一類医薬品に指定されている発毛剤です。

発売以降改良が重ねられ、当時はわずか1%だった有効成分「ミノキシジル」も現在では最大で5%まで濃度UP。

より発毛効果を期待できる商品となっています。

リアップの使用者は、延べ数百万人という数です。

このことからも、リアップの発毛効果には信頼性があり、メーカーが自信を持って販売している商品であることがうかがえますね。

2019年現在は、大正製薬以外の2つのメーカーからも発毛剤が販売され、今やリアップの独壇場ではなくなりました。

しかしその歴史の深さから、根強い人気を誇りつづけ、今でも多くの方に愛用されている発毛剤と言えるでしょう。

リアップはラインナップが豊富!

リアップはなぜここまで人気を集めたのか。

その理由の1つは、豊富なラインナップにあるでしょう。

種類が豊富ということは、それだけ多くの人が使いやすいとも言えますね。

では、リアップシリーズにはどんな商品があるのか、3種類ご紹介していきます。

発毛成分ミノキシジル配合の発毛剤

リアップの主成分である「ミノキシジル」は、もともと血管拡張薬として開発された成分です。

開発したのはアメリカのファイザー製薬(現J&J)で、もともとは血圧降下剤として用いられていた歴史があります。

その後、高血圧の治療としてミノキシジルを服用していた患者に増毛作用があることが多数報告されたことから、発毛効果に注目が集まりました。

そして「発毛剤」として転用されるようになったのが発端です。

発毛のメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化によるものとされていますが詳細は未だ解明されていません。

日本国内では大塚製薬がミノキシジルの権利購入をしたことで、「リアップ」が誕生したわけです。

女性向け発毛剤リアップリジェンヌ

リアップの女性専用バージョンとして売り出されたリアップジェンヌは、女性の薄毛に効果的な発毛剤です。

ミノキシジル以外の成分は、パントテニールエチルエーテル・トコフェロール酢酸エステル・l-メントール・ヒアルロン酸Naなど。

女性用ということで、ミノキシジルの配合は1%に抑えられています。

ヒアルロン酸Naが配合されている部分は、女性のために特化した嬉しい成分なのではないでしょうか。

ヒアルロン酸Naは女性の基礎化粧品には なくてはならない成分で、「保湿」のために有効な成分です。

ヘアケアや育毛剤のラインナップ

リアップシリーズとして発売されている製品のラインナップは次のとおりです。(2019年4月時点)

○ 第1類医薬品/発毛剤・・「リアップ・リアッププラス・リアップジェット・リアップ5Xプラス・リアップジェンヌ」
○ 医薬部外品/薬用育毛トニック・・「フレッシュリアップ」
○ スカルプケア商品・・「プレリアップ」

スカルプケア商品の「プレリアップ」には、シャンプー・コンディショナー・マッサージトニック・クレンジング など多数用意されています。

「クレンジング」は頭皮専用に使用するもので、毛穴の詰まりを取り除くシャンプー前に行うスペシャルケア商品です。

リアップの発毛・育毛効果とは

では次にリアップの発毛・育毛効果はどのようなものなのか?というところをみていきましょう。

日本で数少ない「ミノキシジル」の配合を公認された育毛剤の効果ともなれば、M字ハゲで悩んでいる人にとっては非常に気になるところではないでしょうか。

リアップは医薬品

冒頭から既に何度も記述しているとおり、リアップは医薬品です。

医薬品と一言で言っても、医薬品には4種類あり、リアップは「第1類医薬品」に分類されます。

第1類医薬品とは、副作用・相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要する医薬品ということ。

購入の際には必ず、薬剤師の指導のもとに販売される ということが条件です。

薬局でも常にガラスケースの中、あるいは手の届かないカウンターの後ろの棚などに陳列されていることが多い薬剤です。

ミノキシジルの作用

ミノキシジルそのものの効果は、何と言っても「血管拡張作用」

この作用が発毛にもたらす影響は、毛根内部の毛乳頭に対するものです。

一時的に血管を拡張させることで血流を増加させ、発毛に必要な酸素や栄養素を毛乳頭に取り込む、という発毛にとって重要な作用をもたらします。

薄毛というトラブルを抱えている頭皮では、原因の1つとして「血行不良」が挙げられます。

頭皮の血行の良し悪しが、発毛に大きく関わっているといるのです。

そしてもう1つ言われている効果として、ミノキシジルには発毛因子を増やす効果があることです。

そもそも毛乳頭は髪を生やすための司令塔とも言える部分です。

その部分に栄養を与え活性化することにより発毛因子を増やすことで、発毛を促進させることができるのです。

リアップはどんな人におすすめ?

薄毛・抜け毛の症状、あるいはAGAによるM字ハゲの症状などに効果があるとされるリアップですが、誰にでも効果があるというわけではありません。

リアップの対象となる人はどのような人なのでしょうか。

続いて見ていききましょう。

リアップは成人以上が使える

リアップは、確かに医学的にも認められている発毛効果があり医薬品にも認定されている優れた育毛剤です。

ですが、主成分のミノキシジルには「副作用」というリスクが含まれています。

成人であっても副作用に悩まされる人は多く、それが理由で継続をやめる人も少なくありません。

ちなみに、未成年者がクリニックや皮膚科などで薄毛の治療をしたいと思っても投薬治療は受けられません。

「ミノキシジル」と もう1つの有効成分「フィナステリド」の使用が未成年者には認められていないからです。

それと同じく リアップも成人以外の使用は控えるよう注意喚起しています。

理由は「国内での使用経験がありません」とされています。

リアップは壮年性脱毛症におすすめ

リアップの使用に最適な人は、「壮年性脱毛症」によって薄毛・抜け毛に悩んでいる人です。

リアップの製品情報にも『壮年性脱毛症における発毛・育毛、及び脱毛(抜け毛)の進行予防、を効果/効能に持つ男性用発毛剤です』と記載されています。

つまり逆をかえせば、壮年性脱毛症以外での効果・効能は認められていないことにもなりますので注意が必要です。

【本題】リアップはM字ハゲに効果あるの?

ではM字ハゲで悩む人にとってリアップは効果があるのか、というところが気になってきますよね。

リアップがM字ハゲに効くかどうかは、M字ハゲが壮年性脱毛症に当てはまるのか?という部分をハッキリする必要があります。

続いて壮年性脱毛症に関する情報を解説していきたいと思います。

壮年性脱毛症とは?

そもそも「壮年性脱毛症」とはどういうものなのでしょうか?

壮年性脱毛症とは「若年性脱毛症」に対する呼称で、AGA(男性型脱毛症)を発症年齢で分類するために便宜上呼ばれるようになったものです。

一般的に10代〜30代前半で発症するケースを若年性脱毛症。30代後半〜50代にかけて発症するケースを壮年性脱毛症と呼びます。

M字ハゲは壮年性脱毛症に含まれているか?

M字ハゲが発症する原因は主に男性ホルモンによる影響が大きく、AGAによる脱毛症のひとつとされています。

M字ハゲが発症する年齢に決まりはなく、10代で発症する場合もあれば、30代、40代で発症する場合もあります。

つまりM字ハゲは壮年性脱毛症に含まれるということが言えるでしょう。

リアップでM字ハゲを克服した人の体験談

リアップがM字ハゲに効果があることが分かりましたが、実際に克服した人はいるのでしょうか?

それでは、M字ハゲに効果があったという人の口コミを見てみましょう。

https://twitter.com/nagaryuuu/status/18679596443

出典 :Twitter

リアップを使ってM字ハゲが改善されているという方の口コミです。

インターネットでリアップを調べていると、M字ハゲには効かないという声も見受けられます。

ですが、実際に効果を実感されている方の口コミもありました。

周りの人に「髪が増えた」と言われるのは、やっぱり嬉しいですよね。

リアップがおすすめできない人の特徴

リアップの主成分であるミノキシジルには、副作用のリスクがあることは前述したとおりです。

参考までに、リアップを使うことで起こる可能性のある副作用は、痒み・赤み・ただれ・発疹・高血圧・めまい・頭痛・心臓への負担からの動機など。

そして発毛初期には、リバウンドからの脱毛・脱毛再発の恐怖・ED(勃起不全) といったことが確認されています。

そんな副作用を伴うリアップは、どうしても使用者が限定されてしまうのは仕方がないといえます。

以下のような場合もリアップの使用は控えた方がいいとされる人です。

アレルギー症状がある人

ミノキシジルに対する副作用は「必ず出る」とは言えません。

まったく何の問題もなく使用できる人も実際たくさんいます。

ですが少しでもその疑いがある場合は、大事になる前に使わない選択も重要となってきます。

副作用として、痒み・赤み・ただれ・発疹 など、皮膚への影響が確認されているということは、敏感肌やアレルギー体質の人は避けた方がいいでしょう。

心配な方は頭髪に使用する前にパッチテストを行うことをおすすめします。

壮年性脱毛症以外の脱毛症

リアップは壮年性脱毛症以外の脱毛症の方にもお勧めすることはできません。

〈使用上の注意〉 
1. 次の人は使用しないでください。 
壮年性脱毛症以外の脱毛症(例えば、円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等)の人、あるいは原因のわからない脱毛症の人。本剤は壮年性脱毛症でのみ有効です。

出典 : 大塚製薬 リアップ 使用上の注意より

製品情報にも書かれているとおり、リアップは壮年性脱毛症で悩む男性のための発毛・育毛剤。

メーカーの発表によると、壮年性脱毛症に対しては「6ヶ月使用した場合は約7割の人に軽度改善以上の効果がある」とされています。

また「リアップは頭頂部にしか効かず、M字ハゲや前頭部には効かない」とのネット上の口コミも散見されます。

ですがこれは血管が集中する頭頂部に対する効果が優れているということで、前頭部に対してまったく効かないということではないでしょう。

壮年性脱毛症以外での使用を禁止しているわけではないので、それ以外の脱毛症で使うのは自由ですが、効果が出なかった場合は自己責任となってしまいます。

M字ハゲでもリアップの副作用が気になる人は…

リアップを使用したときに副作用の可能性があると聞くと、どうしても気になってしまいますよね。

前述したように、実際にまったく問題なく使用できる人もいます。

しかし、使ってみなければわからないので、手が出しにくいですよね。

そこで、特に敏感肌の方やアレルギー体質の方には育毛剤がおすすめです。

育毛剤は発毛剤に比べ、副作用がほとんどありません。

それでは、M字ハゲだけどリアップの副作用が気になるという方のために、おすすめの育毛剤をご紹介します。

プランテルEX

まずご紹介したいのが、ネットやメディアで話題のプランテルEXです。

プランテルEXは、もともとM字ハゲ専用の育毛剤として発売されていました。

それが2018年6月にリニューアルし、M字ハゲを始めとするAGAの症状に、より効果的な育毛剤へと生まれ変わりました。

では、中でもAGAに効果的な成分と、その作用を下記に2つ挙げます。

ペブプロミンα M字ハゲを引き起こす還元酵素の活動を抑制する
リデンシル 髪の毛の元となる細胞を活性化させ、発毛を促す

ペブプロミンαは、プランテルEX独自の成分として知られていますね。

これはヒウオギ・ボタン・ビワ葉を独自に組み合わせたオリジナルの成分で、AGAの原因ホルモンの生成をブロックすると言われています。

リデンシルは、スイスで発明された育毛業界が注目している新しい成分です。

髪の毛の生成に関わる毛乳頭細胞を活性化させるという、従来とは違ったアプローチで育毛を目指します。

AGAに特化している育毛剤はそこまで多くないため、M字ハゲで悩まれている方は、一度は試す価値アリではないでしょうか。

プランテルEXは予想を大幅に上回る売れ行きのため、長く供給不足が続いていました。

現在では復旧していますが、いつまた同じような状況に陥ってしまうのか、わかりません。

使用を検討されている方は、なるべく早めに購入されることをお勧めします。

AGA通信スタッフ

公式サイトはこちら

ポリピュアEX

ポリピュアEXは、17年以上の研究を重ねて開発された育毛剤です。

独自成分を配合し、これまでの育毛剤とは違うアプローチで育毛に取り組めるとあって話題を呼びました。

その独自成分とは以下の2種類です。

バイオポリリン酸 髪の毛の元となる細胞を活性化させ、発毛を促す
バイオパップス 乱れたヘアサイクルを正常化させる

バイオポリリン酸は海洋酵母エキスのことで、毛乳頭を活性化させる働きがあると言われています。

ナノサイズなので頭皮にしっかりと浸透し、髪の毛の元へアプローチするので、効率良く育毛に取り組める成分と言えるでしょう。

またバイオパップスもポリピュア独自の成分で、髪の毛のヘアサイクルに着目して新配合されました。

短くなってしまった髪の成長期を戻し、元気な髪が生えてこれる環境へ整える効果が期待できます。

他にも4種類の育毛有効成分や、バイオポリリン酸と相性の良い成分を最適配合。

酵母エキスの効果を試してみたいという方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

公式サイトはこちら

フィンジア

最後におすすめしたいのはフィンジアです。

フィンジアは、育毛業界でも注目を集めている2大スカルプ成分を配合していることでも知られています。

キャピキシル M字ハゲを引き起こす還元酵素の活動を抑制する
ピディオキシジル 血行を良くし髪の毛に栄養を届ける

キャピキシルとはイソフラボンを豊富に含む「アカツメクサ」と、アミノ酸で構成される「アセチルテトラペプチド-3」を組み合わせた成分です。

男性ホルモンのバランスを整え、抜け毛を抑制する効果が期待できます。

そしてピディオキシジルは、発毛薬品のミノキシジルと同じような作用を持つと言われています。

血管を拡張して血行を良くし、不足していた栄養素を毛乳頭まで届けることにより、髪の毛の成長をサポートする役割があるそうです。

そして、これらの成分をしっかり頭皮に届けるためにカプサイシンを配合。

頭皮を柔らかくするため、乾燥で硬くなってしまったお肌にも成分が行き届きやすくなっていますよ。

話題の育毛成分を試したい!とお考えの方はフィンジアがおすすめです。

公式サイトはこちら

リアップとM字ハゲについてまとめ!

今回はリアップについて解説してきました。

リアップにはただ単に発毛を促進するだけでなく、脱毛の進行を食い止め予防する効果もあるとされています。

さらに使い勝手についても、誰でも正確に計量できるボトル設計で、メーカー側の配慮が伺えます。

症状に合わせてミノキシジルが1%と控えめなリアップジェットから始めたり、ミノキシジルを5%を配合したリアップX5を使うなど、豊富なラインナップから自分にあったものを見つけてM字ハゲを克服しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です