髪の毛がツンツン立つのはなぜ?治し方を知りたい!

髪の毛がツンツン立つのは何によるもの?

鏡越しに映るツンツンした髪の毛に困っていませんか?

周りの髪と比べて、明らかに短い毛が立つと目立ちますよね。

このツンツンした短い髪、成長途中の髪なのでしょうか。

それなら伸びてきたら重さで落ち着くはずですよね。

しかし、一本だけでなくたくさんツンツンした髪があると何か原因がありそうです。

そこで今回は、立つ髪の毛の原因と対処法について解説していきます。

なかなかヘアスタイルが決まらず困っている方は、特に必見ですよ!

髪の毛のツンツンの正体

ツンツン立つ髪の毛、実は「アホ毛」なのです!

アホ毛とは、髪の分け目や頭のてっぺんから飛び出している短い髪の毛を意味しています。

「いも毛」や「ピン毛」とも呼ばれるようですが、言うことを聞かないという意味でアホ毛と呼ばれているようです。

髪がサラサラしていても、アホ毛があると目立ちますしヘアスタイルも思うように決まりません。

また、短いからと切ったり抜いたからといってアホ毛が改善するわけでもありません。

このアホ毛に悩まされている人は、実は多くいるのです。

髪の毛はなぜツンツンするの?

ツンツン立つ髪が、正体がアホ毛であることが分かりましたね。

この立つ髪の毛、あらゆる場所から出没してくるため多くのヘアスタイルの邪魔をしてくれるのです。

困ったことに、アホ毛が目立つからと言ってショートカットにしてもアホ毛が治まるわけではありませんよね。

では、立つ髪の正体が分かったところで髪が立つ原因を解説していきましょう。

普段からアホ毛に悩まされている方は、見落とさずにしっかり目を通してくださいね。

それでは、立つ髪の原因を学んでいきましょう。

女性ホルモンの減少

髪が立つ理由の一つに、女性ホルモンの減少が挙げられます。

髪が健康で丈夫に育つには、女性ホルモン「エストロゲン」が関係しているのです。

このエストロゲンには、髪の成長を促したり髪の成長期間を延ばしてくれる働きがあります。

そのため、このエストロゲンが減少してしまうと髪が成長の途中で切れてしまうのです。

この切れた髪の毛が「アホ毛」の正体となります。

ブラッシングでプチプチ髪が切れやすい場合は、髪の毛が細く弱まっている証拠です。

少しの摩擦や刺激で髪の毛が切れやすくなると、アホ毛が大量に発生してしまいます。

キューティクルへのダメージ

シャンプーやドライヤーをする時、ゴシゴシ勢いよくやっていませんか?

頭皮や髪の毛に大きな摩擦や刺激を与えると、キューティクルがダメージを受けてしまいます。

その結果、髪が切れてアホ毛が増えてしまうのです。

特に髪は濡れている時、キューティクルが開いているため非常にダメージを受けやすくなります。

そのため、シャンプーをする際は優しく丁寧に洗うようにしてくださいね。

また、ドライヤーをする前にはタオルドライをし大部分の水を拭き取るようにしましょう。

タオルドライをすることで、ドライヤーの時間が短縮されて髪への負担も減らすことができますよ。

紫外線の浴びすぎ

外出する際、日傘などで頭皮や髪の毛を守っていますか?

紫外線の浴びすぎもまた、アホ毛を作り出す原因の一つです。

頭皮や髪は、肌の3倍もの紫外線を浴びると言われています。

その結果、頭皮の水分が奪われて極端に乾燥するのです。

乾燥は老化を招くため、パサつきが増したり髪が弱くなって切れてしまいます。

これがアホ毛となって髪が立ってしまうのです。

以下の方法で紫外線対策をするようにしてくださいね。

  • ・髪は強くまとめず、緩めにまとめる
  • ・洗い流さないトリートメントやヘアエッセンスを使う
  • ・つばの広い帽子を被る
  • ・UVケアのできるスプレーをかける

静電気

冬になると頻繁に起こる静電気、実はこれもアホ毛にさせる原因の一つなのです。

髪の毛は乾いていても、少量の水分を含んでいます。

しかし、冬になると乾燥するため静電気が起こりやすくなるのです。

また、冬はマフラーやニットなど繊維質のものを身に着けることでさらに静電気が起こりやすくなります。

この静電気により、髪の毛同士が絡まりやすくなり切れ毛が引き起こされてしまうのです。

特に髪の毛が細い方は静電気に注意する必要がありますよ。

髪が細い場合、ダメージに弱いのですが静電気によってさらにダメージを受けてしまうのです。

髪の水分不足

髪の毛がツンツンする理由の最後は、「髪の水分不足」です。

肌と同じように、髪も水分が不足するとパサついてしまいます。

水分を失った髪の毛は、少しの刺激やダメージでも切れやすくなるのです。

ブラッシングをしただけでプチプチ髪の毛が切れるのも、水分不足が原因の可能性があります。

髪の水分が不足すると、髪がツンツンする以外にも跳ねたり膨らんだり硬くなるのです。

また、ツヤもなくなるため老けてみえてしまいます。

髪の毛のツンツンを放って置くと抜け毛につながる?

髪の毛がツンツンする理由が分かりましたね。

ツンツン立ってしまう髪の毛、実は放置してはいけないのです!

上記でも解説の通り、アホ毛は髪の毛がダメージを受けている状態で栄養が不足しています。

そのため、栄養が与えられていない状態が続くと抜け毛や薄毛にもなる可能性があるのです。

アホ毛は増えて抜け毛や薄毛まで引き起こされると、髪の毛はボロボロになり老けて見えてしまいます。

また、新たに髪の毛が生えてくるまでに何ヶ月もかかってしまうため精神的なダメージも大きくなってしまうのです。

髪の毛のツンツンの治し方

髪の毛のツンツンは放置してはいけないことが分かりましたね。

しかし、切れてしまった髪の毛をどう治したらいいのでしょうか?

抜けたり切れた髪の毛を元に戻すことはできませんが、対処法があるなら知りたいですよね。

では、以下にツンツンする髪の毛の治し方を解説していきます。

生活習慣の改善

週に何回運動していますか?

そして、一日7時間以上しっかり睡眠とっていますか?

実は、運動不足と睡眠不足は髪の毛をツンツンさせることにつながるのです!

運動や睡眠が不足すると、ヘアサイクルが乱れて髪が切れたり抜けたりします。

このヘアサイクルは、成長と脱毛を繰り返すことで健やかな髪の毛を保っているのです。

しかし、このサイクルが乱れることで成長すべき髪の毛が育たず成長途中で切れたり抜けてしまいます。

心も体も健やかに保つには、しっかり睡眠をとり定期的に運動することが必要となってくるのです。

食生活の改善

ジャンクフードやお菓子ばかり食べていませんか?

食生活の乱れもまた、髪の毛をツンツンさせることにつながります。

私たちの髪の毛は、食べたものから作られているのです。

そのため、バランスの悪い食事を続けていると髪の毛が栄養不足となり髪の毛が丈夫に育たなくなります。

バランスよく食事することが理想ですが、その中でも特に重要な栄養素は以下の通りです。

たんぱく質 髪の主成分はたんぱく質であるため、髪の健康を維持するには必須の栄養素。
ビタミン 頭皮環境を正常化するには、決して欠かせない栄養素。
亜鉛 たんぱく質から分解されたアミノ酸を髪の毛として作るのに必要な栄養素。

大豆や魚介類、肉、レバーなど積極的に摂取してくださいね。

紫外線対策

紫外線対策、しっかり行っていますか?

上記「紫外線の浴びすぎ」でも解説の通り、紫外線は髪の毛にダメージを与えます。

一年中降り注ぐ紫外線は、5~9月が最も紫外線が強い時期です。

この時期は、上記で紹介した紫外線対策方法でしっかり髪の毛や頭皮を守りましょう。

また、冬や雨の日でも実は紫外線は降り注いでいます。

快晴の日100%の紫外線が降り注ぎますが、雨の日でも30~40%の紫外線が降り注いでいるのです。

晴れ・雨兼用の黒い傘は、雨の日の紫外線も通しにくいため年中使うことをおすすめしますよ。

適切な洗髪

シャンプー前にブラッシングってしていますか?

このひと手間が実は、髪の毛がツンツンしなくなるのです。

髪の毛は、シャンプー時が一日の中で最も抜けると言われています。

これは自然に抜けるものから、絡まりや摩擦で抜けるものまであるのです。

この絡まりや摩擦を最小限に抑えるには、シャンプーをする前にブラッシングを行うことがおすすめですよ。

また、ブラッシングを行うことで頭皮や髪に付いたホコリやゴミを浮かすことができます。

その結果、予洗いでその8割以上が落ちてシャンプーの泡立ちも良くなるのです。

絡まりも最小限に抑えることができるため、シャンプー時のダメージも最小限に抑えられますよ。

育毛剤を使う

「育毛剤なんて薄毛対策に使うもの」と思っていませんか?

実は、育毛剤には育毛効果以外にも期待できる効果があるのです。

その気になる効果は以下の通りですよ。

  • ・発毛促進効果
  • ・脱毛予防効果
  • ・頭皮環境改善効果

このように、育毛剤には髪の毛を元気に育てる環境を整えてくれる効果が期待できるのです。

そのため、使い続けることで健やかな髪が育つ土台を作ってくれます。

強く丈夫な髪が育てば、ツンツンする髪の毛も治すことができますよ。

髪の毛のツンツンを目立たなくするには

ツンツンする髪の毛を治す方法がたくさんあることが分かりましたね。

今日からでもできそうなものから、一つずつトライしてみましょう。

しかし、ツンツンする髪の毛もすぐには治るわけではありません。

治るまでの間、目立たなくする方法が知りたいですよね。

そこで、以下にその方法を解説していきます。

髪の毛を伸ばしてみる

髪の毛のツンツンを目立たなくする方法の一つに、髪を伸ばすことが挙げられます。

髪の毛は、伸びると重みで自然と髪の毛が落ち着くのです。

逆に、短いと軽いため広がったりツンツン立ってしまいます。

また、分け目を定期的に変えることで他の長い髪の毛に抑え込ませて落ち着かせることもできますよ。

ただし、髪が長くなってくると枝毛や切れ毛などダメージもでてきます。

毛先だけでも切って、健やかな髪が育つ環境を作ってあげてくださいね。

スタイリング剤で抑える

ツンツン立つ髪の毛は、スタイリング剤で落ち着かせましょう。

しかし、一言にスタイリング剤と言ってもスプレーやワックス・ミストなどたくさんありますよね。

一人一人体格や性格が異なるように、髪質も人それぞれ異なります。

柔らかい髪、硬い髪、長い髪、短い髪、はねやすい髪など髪質にも個性があるのです。

そのため、自分に合うスタイリング剤をつけてツンツンする髪を抑えてあげましょう。

また、シャンプーする際はスタイリング剤が髪に残らないようしっかり洗髪してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

髪の毛がツンツンする原因と対処法について理解して頂けましたでしょうか?

アホ毛は放置しておくと、抜け毛や薄毛の原因になります。

そのため、アホ毛が多くなってきた場合は上記で解説した対処法を取り入れてみてくださいね。

早速今日からでも、できる対処法から一つ実践してみましょう。

しっかりケアしてあげれば、髪の毛のツンツンも落ち着き元気で丈夫な髪を維持することができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です